テクノロジー

iIR for CT Perfusion (WIP) ~ 被ばく低減への取り組み

近年CTの画像再構成法として注目されている逐次近似再構成(IR)法は、
従来のフィルタ補正逆投影(FBP)法と比較して、画像ノイズを大幅に低減できる利点があります。
AZEのiIRはIR法の一法として、時間分解能をなるべく劣化させずに画像ノイズを低減する手法です。

Original iIR
 

iIR:image-based Iterative Reconstruction

iIRでは、Perfusion用に経時的に撮影されたダイナミックの画像データを
順投影(Forward Projection)することにより、投影データ(Sinogram)を再構築します。
こうして得られた複数の投影データを基に、ノイズ統計モデルをオーダーメイドで作成することにより、
時間分解能をほとんど劣化させずに、高精度に画像ノイズを低減することが可能です。
多時相での撮影が必要なPerfusionにおいて、線量を上げることが難しい場合に大変有用な機能です。

 
Page Top