機能・特徴

iNoir(アイノアール)は、AZE独自のアルゴリズムにより、CT/MRIのDICOM画像からノイズ成分を抽出し、
元画像から減算(ノイズ低減)処理を行うことで読影、解析を補助するソフトウェアです。
 
  • ・CT以外にもMRIのDICOM画像からもノイズ低減処理が可能。
  • ・逐次近似法処理後の画像にも処理可能。
  • ・複数台のCTにおいても、一台のCT用AZE VirtualPlace iNoir CTで対応可能。(MRIも同様にMRI用iNoirで対応可能)
  • ・過去のDICOM画像でも処理が可能なため、他院の画像処理も可能。
  • ・ノイズ低減処理された画像は、あらかじめ設定された端末へ自動転送が可能。
 

商品構成

AZE VirtualPlace iNoirは搭載するソフトウェアにより、以下の3つのモデルをご用意しております。 
  • ・AZE VirtualPlace iNoir CT
  • ・AZE VirtualPlace iNoir MR
  • ・AZE VirtualPlace iNoir CT+ MR
     
※ソフトとハードのセット販売となっております。
※ネットワーク型(サーバー・クライアント方式)ではございません。スタンドアローン型になります。
 

処理例

 
iNoir OFF
iNoir ON
CT
(*1)
iNoir CT OFF
iNoir CT ON
CT
肝左葉だけでなく右葉にも
Low Densityが見える
iNoir CT OFF
iNoir CT ON
CT
iNoir CT OFF
iNoir CT ON
CT
iNoir CT OFF
iNoir CT OFF
MRI
(*2)
iNoir MR OFF
iNoir MR ON
PET-CT 吸収補正用①
(*3)
 
iNoir PET-CT1 OFF
iNoir PET-CT1 ON
PET-CT 吸収補正用②
(*4)
iNoir PET-CT2 OFF
iNoir PET-CT2 ON
3D(CTデータ)
(*5)
iNoir CT2 OFF
iNoir CT2 ON
※国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院様 ご提供(*1,2,5)
 東名古屋画像診断クリニック様 ご提供(*3,4)

 

モダリティーからの画像処理の流れ

  • iNoir 処理例1
  • iNoir 処理例2
  •  
  • 例1
  • 例2(熊本中央病院様の場合)

メディア掲載情報

第75回日本医学放射線学会総会ランチョンセミナー 外部リンク(インナビネットにリンクしています)
Page Top