AZE VirtualPlace

MR 解析オプション

様々なシークエンスでの撮影が可能なMRIの特性を生かしたMR解析オプションをご紹介いたします。

MR パフュージョン

MRI画像を用いて、急性期脳虚血の診断に有用な脳血流評価画像を作成します。脳梗塞等の診断に役立つCBV, CBF, MTTの表示が可能です。

DTI解析

複数軸のDWI画像を基にテンソル解析を行い、異方性画像(fractional anisotropy map:FA map)を計算します。FAを追跡することでトラクトグラフィを作成することが可能です。血管系や腫瘍を合わせて表示することで、推定された神経走行との比較が可能です。

MR 遅延造影

MRI遅延造影法により撮影されたデータにおいて、心筋をトレースすることで各セグメントのインテンシティーをブルズアイ表示します。梗塞病変の視覚的な評価を容易にすることができます。

MR 心臓解析( 右心室解析)

心臓MRIシネ撮影データから右心室を指定することで右室部分を自動抽出し、経時的な容積変化を計算します。右室専用の壁自動追跡機能を搭載し、右室トレースを大幅に効率化しました。

MR 心駆出率解析

心臓シネMRI像より、ブルズアイ表示や、駆出率の計算、短軸MPR表示、動画の再生などで心筋の壁運動の評価、拡張期と収縮期の表示などを行います。

MR 細血管解析

MRIで撮影された冠動脈読影用のデータから複数の冠動脈分枝を一度に自動的に抽出します。ストレッチCPRやオブリークによる冠動脈狭窄の評価が造影剤無しで可能になります。心臓部分の自動抽出機能を搭載し、冠動脈瘤などの形状評価が簡便になりました。

MR 心筋パフュージョン

MRIの安静時、負荷時、希釈データをもとに、心筋血流の評価を行ないます。心筋はセミオートトレースで、マニュアル補正、位置合わせ等が可能です。解析結果はブルズアイ表示や、タイムインテンシティー表示されます。病変部のバイアビリティー評価等を可能とします。

MR 3Dマッピング

膝軟骨の変性などを診断する画像として用いられるT2mapおよびT1ρマップを作成し、その値を3次元的に表現することを可能にしました。従来の断層画像表現では捉えられなかった軟骨のような薄い物体の表面でどのような範囲で信号変化が起こっているか、視覚的に分かりやすく表現することが可能です。

DWI解析

b値の異なる拡散強調画像データを用い、ADCマップを作成します。抽出された体積ヒストグラムから尖度(kurtosis)と歪度(skewness)を計算することができます。Computed DWIでは任意のb値におけるDWI画像を計算することが可能です。

MR フロー解析

MRIの位相画像を用いて、関心領域の血流速度や流量計測、グラフ表示が可能です。
血流状態の視覚的・定量的な表示は、動脈硬化の診断や治療効果の評価、弁の逆流の観察に用いることができます。
また、2断面を同時に読み込むことで、それぞれの断面のROIから得られる計測値を用いた計算が可能です。
例えばそれぞれ設定された断面から大動脈流量と肺動脈流量の比を計算し、体肺流量比(Qp/Qs)を求めることも可能です。

Page Top