AZE VirtualPlace

その他の解析オプション

iNoir CT / iNoir MR

AZE独自のアルゴリズムにより、CT/MRIのDICOM画像からノイズ成分を抽出し、元画像から減算(ノイズ低減)処理を行うことで読影、解析を補助するソフトウェアです。

ダイナミック4D解析

ダイナミックスタディなどのマルチフェイズデータで抽出した領域のタイムデンシティカーブを作成し、血流の解析を行います。非剛体レジストレーションにより、詳細な位置合わせが可能です。

RI機能解析

CTやMRIなどの形態画像にRIなどの機能画像を重ね合わせ、カッティングすることができます。形態画像情報にフュージョンさせることで、機能画像の領域分離が容易になり、切除後領域のカウント値を確認することができます。

PETビューア

PET画像とCT画像を重ね合わせ、アキシャル、コロナル、サジタル像で表示します。
各々の画像は、インターリンクが取られており、関心部位が全ての画像で確認できます。関心部位のSUV値計測も可能です。

FusionEX

冠動脈CTとSPECT画像を3次元的に重ね合わせます。負荷時、安静時のRIデータからWash out(洗い出し)とReversibility(可逆性)を計算して表示します。血管走行と心筋の活性を同時に評価することが可能で、虚血を引き起こす責任血管の同定に有効とされます。レジストレーションで使用される「アトラス法」は特許取得技術であり、異なるモダリティ間の位置合わせに際して高い再現性を持ちます。

Page Top