AZE展2019-全国医用画像コンペティション-

AZE展は、ワークステーションを使用した画像(かかる画像の解析技術を含む)の臨床的な有用性を高め、最良の画像を生み出すことを目的とした画像展です。

2010年より毎年開催して参りましたが、今回の第10回目で最後の開催とすることにいたしました。
長年、多くの方々に支えていただきましたことに深く御礼申し上げます。

締めくくりとなるAZE展2019におきましても、皆様からのご応募を心よりお待ちしております。


 

開催スケジュール

作品応募 2019年2月18日(月)まで
応募受付は終了いたしました。多くのご応募誠にありがとうございました。
1次審査 厳正な審査に基づき、臨床的に有用である作品を審査員が選定します。
審査結果は4月25日(木)に本ページにて発表予定です。
最終選考会 2019年6月29日(土)12:00~17:30
キヤノンSタワー(東京都)
1次審査通過者による作品のプレゼンテーションが行われます。
 

募集要項

募集内容 ワークステーションを使用した臨床画像および、画像作成技術のポイント
応募方法 専用応募フォームよりご応募ください
郵送やメールなどによるご応募は受け付けておりません
応募受付は終了いたしました。
応募資格 日本国内にお住まいの医療従事者で、臨床でワークステーションをお使いの方
ワークステーションのメーカーは問いません
審査基準 次の3つの基準に基づき、総合的に審査を行います
①役に立つ(有用性) ②使いやすい(汎用性) ③新しい(独創性)
応募数 1名様につき、2作品までご応募いただけます
応募データ規定 ファイル数  :5点以下
ファイル形式 :BMP、TIFF、PNG、JPEG、AVI、MPEG(いずれも高画質)
ファイル名  :自由ですが、全角文字はご使用になれません
容量     :ファイルの総容量は100MB以下としてください
文体     :「だ・である調」で作成してください
データの匿名化 個人情報(患者様の氏名、生年月日、応募者の氏名、医療機関名など)は必ず
消去してください
作品の取り扱い 応募いただいたデータは返却いたしません
作品はAZE展に関する展示、審査、表彰式、広報活動、営業活動に使用します
応募上のご注意事項 個人情報の取り扱いやデータの利用目的などは[こちら]をご覧ください

選考および表彰

審査は「1次審査(書類審査)」と「最終選考会(公開選考)」の2段階方式で行います。

1次審査

● 審査員の厳正な審査により、全応募作品からマスター部門(応募経験がある方)、ニューカマー部門(初応募の方)の入賞作品が選出されます。
● 同一応募者による作品2つともが入賞相当評価となった場合は、評価が高い1作品のみを入賞対象とします。
● 入賞作品は、弊社のホームページにて発表いたします。
● 1次審査を通過された方には、別途ご連絡いたします。

 

最終選考会

● 1次審査を通過した入賞作品の公開選考会を行います。
● 入賞者には、作品のプレゼンテーションを行っていただきます。発表時間は6分間です。
● プレゼンテーションの内容を総合的に判断し、審査員が各賞を決定します。
● 審査とは別に、全応募者の中からAZE展の発展に寄与いただいている方をAZEが独自に選出し、AZE賞を授与します。
 
審査員 望月 輝一 先生 (愛媛大学 医学部放射線科 教授)[審査員長]
笹井 信也 先生 (笠岡第一病院 放射線科 部長)
片平 和博 先生 (国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 放射線診断科 部長)
丹羽 政美 先生 (岐阜医療科学大学 保健科学部 放射線技術学科 教授)
石風呂 実 先生 (広島大学病院 診療支援部 画像診断部門 部門長)
望月 純二 先生 (みなみ野循環器病院 放射線科)

最優秀賞
マスター部門賞、ニューカマー部門賞、特別賞
入賞
AZE賞
:トロフィー、賞状、賞金(11万円)
:トロフィー、賞状、賞金(6万円)
:トロフィー、賞状、賞金(1万円)
:トロフィー、賞状
 
Page Top